ホビーランドぽちで中古の鉄道模型を購入しよう

鉄道模型に関心を持つ人は少なくありません。しかし、この趣味にはまってしまうとかなりの費用が必要となります。そこで、中古販売店で鉄道模型を集めることも1つの方法です。鉄道模型販売店は数多くありますが、ホビーランドぽちもその1つです。

果たしてホビーランドぽちとはどのようなお店なのか、ここではその特徴や魅力についてご紹介します。

鉄道模型の魅力とは

鉄道に興味を持つ人は老若男女問わずたくさんいます。ただ一口に鉄道趣味といってもそのジャンルは様々であり、鉄道模型を趣味にしている人も多いです。自宅でレイアウトを作りながら、お気に入りの車両を購入して思いのままに走らせてみる、これが鉄道模型の大きな魅力の一つでしょう。

また自分でレイアウトを作ることで車両だけではない、鉄道の全体の情景を再現することができます。それらを自分で操作するとついつい時間を忘れて没頭してしまう方も多いようです。そして全くの初心者であっても、鉄道模型セットを購入すればすぐに始められます。

何故なら鉄道模型セットであれば、パーツを組み立てるだけで準備が整うからです。このように比較的手軽に始めやすいことも、鉄道模型ファンを増やす要因になっています。

鉄道模型でよく聞くNゲージとは

鉄道模型でよく聞くNゲージ。言葉はよく聞くけれど、一体何の意味なのか分からない人も少なくありません。Nゲージとはレールの間隔の規格であり、レール幅が9ミリメートルで縮尺が148分の1から160分の1の鉄道模型規格のことを言います。

英語の9(Nine)の頭文字を取ってNゲージと呼ばれています。縮尺も色々ありますが、日本では150分の1規格が基準になっています。鉄道模型には様々な規格がありますが、何故日本でNゲージが主流になったのか疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

海外ではNゲージよりもサイズが大きいHOゲージが人気ですが、Nゲージはそれに比べるとコンパクトです。つまり、コンパクトなスペースでジオラマを作ることができ、畳み半畳位のスペースがあれば十分に楽しめます。

海外に比べて日本の家はコンパクトであるため、国内ではNゲージが人気になったと言われています。

鉄道模型とは費用がかかる趣味

鉄道模型の楽しみ方は色々あります。鉄道車両だけを購入して自宅に飾って楽しむ人もいれば、自分でジオラマを作って楽しむ人もいます。鉄道模型の趣味に共通していることは、こだわるととても奥が深い趣味であることです。

例えば、ジオラマを作るにしてもとことんリアルさを追求すれば、鉄橋やビル、植物などの様々なパーツを追加しなければなりません。コレクションを楽しむ人でも、鉄道模型を入れるケースや部屋について考慮する必要があるでしょう。

鉄道模型は始めた当初はそれほどお金がかからなくても、ハマってこだわりを持つようになるとお金がかかる趣味です。何故なら、ほとんどの人が鉄道模型を走らせたり、飾っておくだけでは物足りなくなってくるからです。

鉄道模型にハマってくるとよりリアルさを追求したくなるものです。実際に走行している列車と同じ編成にしたかったり、線路を複線にして同時に複数の列車を走らせたりとどんどん欲が増えてきます。そうなるとあれも購入したい、これも購入したいとなってしまうのです。

鉄道模型にかかる費用の一例を紹介

では、実際に鉄道模型にはどの位の費用がかかるのか、具体例をご紹介します。例えば、首都圏を走行している中央線の快速列車であるE233系。これをフルセットで揃えると2万円以上かかります。また、東海道・山陽新幹線のぞみで使われているN700Aに至っては、16両全部そろえると3万5千円以上必要です。

もしこれらクラスの鉄道模型を10種類以上フルで揃えるとしたら、軽く20万円以上は必要となる計算です。コレクションを目的として何種類もの鉄道模型を購入するならば、100万円単位かかることも珍しくありません。

また、鉄道模型は限定品や生産中止になっているモデルが多く、コレクター心理としては販売されなくなる前に購入したい気持ちが湧いてくるでしょう。他にもジオラマ作成に力を入れると、次々と新しいパーツを買いたくなるものです。

仮に1つ1つのパーツが1,000円程度だとしても、それらを多く購入すればかなりの金額となります。

中古品を扱う店舗で購入しよう

このように鉄道模型はハマればハマるほどとてもお金がかかる趣味です。お金持ちならともかく、普通のサラリーマンであればそこまでお金をかけられないという人も多いでしょう。そのような場合、鉄道模型の中古品を扱う店舗で車両やパーツを買い揃えることも1つの方法です。

関連:鉄道模型のブルートレインを売買したいときに便利なサービス6選

ホビーランドぽちとは

鉄道模型の中古品を取り扱っているお店は色々ありますが、ホビーランドぽちもその1つです。ホビーランドぽちでは主に鉄道模型やプラモデルなどの中古品を扱っており、一部では新品も取り扱っています。関東エリアや関西エリアをはじめとして、全国各地に10以上の店舗を構えています(2019年3月時点)。

また、鹿児島には買取センターがあります。特に秋葉原では1号店から3号店まで営業していて、連日鉄道模型ファンが訪れています。インターネット通販も受け付けていて、自宅に居ながらKATOやTOMIXなど有名な鉄道模型メーカー製品を購入することができます。

例えば、インターネット通販で購入する場合、中央線の快速列車であるE233系の6両基本セットが税込み1万7千円ほど、N700A新幹線のぞみの16両セットも約2万5千円で購入できます(2019年3月時点)。

このように新品よりも安く購入できるので、中古品で揃える人も少なくありません。また、ホビーランドぽちでは会員登録があります。会員でなくでも鉄道模型は購入できますが、会員限定のセールなどを開催しています。限定セールでは、対象商品を通常価格よりも割安で購入できます。

さらに定期的にフェスティバルなどのイベントを開催しているため、鉄道模型がお買い得で手に入れられます。

ホビーランドぽちに対する口コミ

ホビーランドぽちに対しては、概ね評判の良い口コミが寄せられています。特に品ぞろえの豊富さに関しては高い評価を得ています。車両を増やしたいと予定しているので購入した、種類が豊富だから欲しいものが簡単に手に入ったなどの声が多数です。

また、中古品でありながら保存状態が良いので、まるで新品のように気持ち良いという声もあります。インターネット通販では、商品の1つ1つが丁寧に梱包されていて対応に満足したという意見も挙がっています。ホームページ上ではユーザーの生の声を紹介しているので、それらの評価を参考にして購入を検討することをおすすめします。

投稿日: